雑誌買取比較ランキング

雑誌買取が可能なおすすめ店が分かる!

不要な雑誌を高価買取!おすすめの雑誌買取店ランキング

いらなくなった、読まなくなった雑誌が高く売れる、厳選された買取店をランキング形式でご紹介しています。捨ててしまう事の多い雑誌も、実はまとめて買取に出すとお得に処分ができますので、処分の前に買取査定を利用してみましょう。

雑誌買取店比較ランキング

Vaboo

Vaboo
点数制限
1点から買取可能
梱包資材
なし
送料
5冊以上で無料
入金までの期間
商品到着後2日以内に結果連絡
キャンセル
5点以上の場合、返送料無料

Vabooとは?

雑誌1冊からでも買取依頼ができ、非常に使いやすいのがVaboo。業界トップクラスの査定スピードで、迅速に買取・入金をしてもらうことができる。雑誌の定価や状態だけでなく、中古市場の価格や人気、希少性までしっかりと判断して買取価格をつけるので、納得のいく価格での買取になると好評だ。また、5冊以上の雑誌をまとめて買取に出すことで、万が一買取価格に満足がいかなかった場合でも、返送料無料でキャンセルすることができる。

買取できない雑誌

漫画雑誌

その他買取可能ジャンル

古本、CD、DVD、ゲーム

もったいない本舗

もったいない本舗
点数制限
書籍類は30点以上から
梱包資材
希望者に無料で郵送
送料
無料
入金までの期間
商品到着後2日以内に結果連絡
キャンセル
返送料自己負担

もったいない本舗とは?

雑誌を取り扱う買取店の中で、最も多ジャンルの雑誌買取をしてもらえるのが、もったいない本舗。雑誌の査定眼が肥えており、さらに多くの雑誌をまとめて買取に出すことができるため、高価買取が期待できるお店。買取額だけでなくサービス面でも満足度が非常に高く、安心して利用できる買取店だ。梱包用の段ボールから着払い伝票、買取案内など全てが無料でもらえるので、手間がかからず、初めて雑誌買取を利用する方にもおすすめ。

買取できない雑誌

厚み2cm以上の雑誌、コンビニ漫画雑誌、アダルト雑誌、通販雑誌など

その他買取可能ジャンル

古本、漫画、CD、DVD、ゲームなど

ブックサプライ

ブックサプライ
点数制限
1点から買取可能
梱包資材
段ボール10箱まで無料郵送
送料
10点以上または査定額2,000円以上で送料無料
入金までの期間
商品到着後、最短4営業日
キャンセル
段ボール2箱まで無料(3箱目から自己負担)

ブックサプライとは?

買取実績豊富で、初めての方でも安心して利用できるブックサプライ。市場動向を基にリアルタイムで査定を行うので、スタッフによる買取額のバラつきがなく、高価買取につながりやすい。10点以上まとめて出せば送料もかからず、段ボール2箱まで返送料無料なので、一切お金がかからない。バーコードや品番を使った「リアルタイムお試し査定」もあるので、事前に参考価格が分かるのも安心だ。週刊誌など、定期的に発刊される雑誌は買取っていないので、この点だけ注意すれば、最も使いやすい。

買取できない雑誌

週刊誌、隔週誌、月刊誌、コミック雑誌など

その他買取可能ジャンル

古本、漫画、CD、DVD、ゲーム、携帯電話、金・プラチナなど

駿河屋

駿河屋
点数制限
1点から買取可能
梱包資材
なし
送料
30点以上で無料
入金までの期間
商品到着後、4~14日程度で結果連絡
キャンセル
返送料自己負担(あんしん買取の場合、キャンセル不可あり)

駿河屋とは?

古本・雑誌からゲーム、サブカル系と幅広い買取を行っている、駿河屋。雑誌の中でも特に1970年代以前のレトロ雑誌や、1999年以前のゲーム雑誌といった比較的古い雑誌の買取を得意としている。30点以上で送料無料となるため少しハードルが高く感じられるが、買取ジャンルが非常に多いので、不用品をまとめて買取ってもらいたいという方におすすめ。あんしん買取で申し込みをすれば事前に買取金額が分かり、さらには価格保証までついているので、初心者でも使いやすい買取店だ。

買取できない雑誌

週刊誌、文芸雑誌、付録なし(付録つき雑誌の場合)、問屋誌など

その他買取可能ジャンル

古本、漫画、CD、DVD・ブルーレイ、フィギュア、PCなど

雑誌買取って本当にお得?

いらない雑誌がお金になるのは、雑誌買取だけ!

読み終わった雑誌、家に溜め込んでいる雑誌を処分する時に、ほとんどの人が選んでしまうのが、「資源ゴミに出す」という方法です。

自治体に決められている資源ごみ回収の日に、いつものゴミ出しと同じ様にして出すだけで処分してもらう事が出来るので、簡単で選びやすいと思います。

しかし、不要な雑誌をただゴミとして処分してしまっては、何の得にもなりません。

いらない雑誌に少し手をかけて、雑誌買取の査定に出すだけで、ちょっとしたお小遣いになるのです。

雑誌買取を利用するのが初めての方には、「雑誌をお得に処分できるって本当!?」のページで、雑誌買取のサービス概要や買取のポイントについて紹介していますので、是非お得な雑誌買取のサービスを確認してみてください。

基本的にどんな雑誌も買取ってもらえる!

雑誌と一言で表しても女性誌、男性誌、グルメ雑誌、旅行雑誌、など非常に様々な種類の雑誌があります。

雑誌買取で取り扱えるかどうかはお店によって多少異なりますが、売りたいジャンル別に買取店を選べば基本的にどのような雑誌であっても買取してもらうことができます。

付録つきの雑誌の場合は、付録も一緒に買取ってもらうというのが原則です。

ただし、ジャンプやコロコロコミックのような厚手の雑誌や週刊誌、アダルト雑誌など買取店によって取扱いの可否が大幅に変わる雑誌もありますので、雑誌買取を依頼する前に確認してから梱包しましょう。

一般的に言われている、雑誌買取店で扱えるジャンル等については、「こんな雑誌は買取できる?できない?」のページでもご紹介しています。

自分の売りたい雑誌が買取ってもらえるのか、まずはこちらでチェックしてみましょう。

雑誌買取はまとめ売りが基本

買取の中でも雑誌は人気のジャンルではありませんが、残念ながら定価の高いものではありませんので、1冊だけで買取に出してもあまり高価買取は期待できません。

雑誌買取を利用する際は、複数冊まとめて売ることが大切です。

雑誌買取の中で、特に高い買取額が期待できる雑誌については「雑誌の買取価格が高いジャンルは?」のコラムに分かりやすくまとめています。

まとめ売りをする際には、こちらに載っているジャンルの雑誌があればより高く買取ってもらうことができますので、是非積極的に雑誌買取に出しましょう。

また、雑誌買取を行う買取店では雑誌以外にも、漫画や古本などの買取をしていることも多くあります。

そのため、雑誌だけでは冊数が少ないという場合には、他のジャンルのものと一緒に買取をしてもらうと高価買取につながりやすくなります。

ちょっとした工夫で雑誌の買取価格がより高く!

雑誌買取を利用するにあたり、まとめ売りという方法と併せて行うことで、買取価格アップが見込めるコツがあります。

たとえば、雑誌を綺麗にして出すということです。

雑誌買取で売られたものは、中古雑誌として再度販売されることになりますが、やはり綺麗な雑誌の方が売れ行きは良くなるものです。

ですから、同じタイトル・号数であっても、買取査定の時点でより良い状態の雑誌の方が高い値段になります。

また、ジャンル・雑誌のタイトル別に分けて買取店に送るという配送の工夫も、お店の査定の手間を少なくすることが出来るので、印象が良くなり買取額アップにつながりやすくなります。

雑誌買取を利用する時に押さえておきたいポイントについては、「雑誌を高く売る宅配買取のコツ」にまとめていますので、参考にしてみてください。

↑PAGE TOP