雑誌買取比較ランキング

雑誌買取が可能なおすすめ店が分かる!

雑誌を高く売る宅配買取のコツ

宅配買取で雑誌を売るのであれば、少しでも高い値段にしたいものです。
そこで、査定前にできる買取額アップの工夫を紹介します。

買取前に要チェック!ひと手間加えて雑誌を高く売るコツ

雑誌を拭いて埃を払う

読み終えた雑誌をそのまま保管しておくと、知らず知らずのうちに埃がかぶってしまいます。

査定に出す前には、1冊ずつ埃を拭いて綺麗にしておきましょう。

雑誌の折れや破れは、直すことができませんが、ホコリ程度の汚れであれば少し拭くだけでも綺麗になるため、状態の印象が良くなって高く売ることができます

雑誌は紙でできていますので、濡れタオルで拭くのは厳禁です。

必ず乾拭きで行い、雑誌の上下左右も丁寧に埃を取り除きましょう。

普通の綿タオルでももちろんOKですが、眼鏡拭きやマイクロファイバータオルのような柔らかいものだと、より安心です。

中古雑誌は値札シールをはがしておく

手元にある雑誌の中には、古書店などで中古販売されていたものを購入されている方もいると思います。

その場合には、裏表紙などに値札シールが貼られている場合がありますので、これは必ず綺麗に取り除きましょう。

中古で購入したものだと分かると、新品購入の雑誌よりも査定開始の基本額が下がってしまう可能性があります。

雑誌を高く売るためには、雑誌自体の美品状態も大切ですが、新品で買った(ということにしておく)事も大切なのです。

値札シールが綺麗に取れない場合には、ウェットティッシュを使うと便利です。

雑誌を傷めない程度の適度な水分があるので、シールが剥がれやすくなります。
値札シールの上にウェットティッシュを置き、軽く押さえて水分を浸透させます。

その後、ウェットティッシュで上から優しくこすってみましょう。
ポロポロと値札が取れるので、最初は汚い感じがしますが、気にせず続けていくと綺麗に剥せます。

爪を立てると雑誌が傷ついてしまいますので、指の腹を使って行ってください。

ジャンルに分けて査定に出す

女性誌、男性誌、写真集、レジャー雑誌など、雑誌にも様々なジャンルがあります。

買取店が査定を行う時は、雑誌をジャンルに分けて行うことが多いため、査定の時点でジャンルを分けておくと印象が良く、査定時間が短縮できるので、買取額アップにつながります。

もちろん、自宅で仕分ける時には、厳密に行う必要はありません。

同じタイトルを揃えたり、分かる範囲でジャンルを仕分けるだけでもOKです。

段ボールに梱包する時には、この仕分けを崩さないように気を付けて平積みにしましょう。

複数の段ボールが必要になる場合は、同じジャンルの雑誌を同じ段ボールに入れるようにしてください。

↑PAGE TOP